うつ病の症状にもよりますが、一般的には脳内物質のセロトニン分泌量が不足すると起きるというのが最近の定説です。

また、ビタミンB1の不足などもうつ病に影響していると考えられています。
うつ病の薬は、それらの物質を補うよう作られているのです。

とはいえ、自分の症状に合う薬が処方されるかはなかなか難しいのが現状でしょう。

そこで抗うつ剤と同じような効果を持ち、同じような成分を配合したサプリメントが最近では数多く出回っています。

うつ対策として有効だと思われるサプリメントは、セロトニンやノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンなどの原料となる基本アミノ酸を含むサプリメントです。

ビタミンB群を多く含むサプリメント、DHAが含まれているサプリメントも良いでしょう。

ビタミンBは脳の働きを向上させ、DHAはセロトニンなどの脳内物質を運ぶ脳内伝達物質の働きを向上させるといわれています。

しかし、これらのサプリメントはうつ病の初期段階に使うのには適していますが、症状が悪化している場合には効果が期待できないので、医師の診断を受けて適切な抗うつ剤を処方してもらうことが必要です。

すでに精神科の医師に診てもらっているなら、サプリメントを使用する際は医師に確認するのが望ましいでしょう。



 


スポンサーリンク