晩婚化が進む昨今では高齢出産も珍しくありません。そして、多くの場合は無事に元気な赤ちゃんが産まれています。

ただ、高齢になると妊娠しにくくなるといいます。不妊と年齢にはどういう関係があるのでしょうか?

高齢出産とは一般的に35歳以上をいいます。では35歳を過ぎると突然不妊になるかといえばそんなことはありませんが、高齢と不妊が全く関係ないのかというと、そうともいい切れないようです。

まず年齢を重ねるにつれて卵巣の機能は衰えるといわれています。それに合わせて卵子も老化していくようです。それで健康で充分な大きさの卵子を排出出来なかったりするのです。

また、年齢が上がるとホルモンの量の低下などの理由で子宮筋腫やポリープなどの婦人科的な病気も多くなります。残念ながら30歳を過ぎた頃から妊娠するための機能が着実に低下していくそうなのです。

高齢になるにつれて、冷えに悩まされる女性も増えていく傾向にありますが、血流が悪くなることも不妊に繋がります。

さらに40歳以上のお母さんの流産率は20代のお母さんに比べると、2~3倍は増えるといわれています。しかも妊娠中毒症になる可能性も20代に比べると2倍に増えるそうです。

女性も働く時代、社会情勢・環境などを考えると難しいですが、それでもなるべく若いうちに妊娠・出産をした方がいいでしょう。

[PR]
妊活中のご夫婦必見!!自宅でできる人工授精【シリンジ法キット】レビューで妊活サプリ「プレメント」をプレゼント!!


スポンサーリンク