不妊治療は適応する項目もあるのですが、基本的に保険適応外です。

ですので、受ける検査や治療は自己負担になります。

そして自費であるということは、かかる病院によっては検査等の費用が変わってくるということになります。ちなみに血液検査は項目にもよりますが、1万円かからないことが多いようです。

タイミング法は保険適応になります。どこの医療機関でも同一の料金になるはずです。

人工授精は1万から3万円程度が多いようです。

体外受精は30万円くらいが相場でしょうか。回数を重ねると安くなるところが多いようです。

顕微受精は40万円くらい。体外受精と同じく、回数を重ねれば少しずつ安くなることが多いです。また、受精卵を凍結保存するにも10万円ほどかかるようです。

不妊治療は、費用が膨大になりがちで夫婦の金銭的負担は大きいです。この費用の負担が苦しくて、妊娠をあきらめる夫婦もいるそうです。

特定不妊治療助成金制度を活用しましょう

ただ、不妊治療に対して助成金が出るようになりました。

所得制限もありますし、最近では年齢制限もあり、また地方自治体によっても違いますが、子供を授かりたい方々の強い味方といえます。

助成金の申請を検討する場合は、お住まいの役所のホームページで助成内容を確認しましょう。

[PR]



スポンサーリンク