妊婦の虫歯予防

妊婦はつわり時期などハブラシを口に入れるだけでえづいてしまったり、気分が悪くなったりするのできちんと歯磨きできず、虫歯になりやすいです。

また、妊娠中は唾液緩衝能が低下してしまいますので、口腔内環境が悪化し、歯肉が炎症を起こしてしまいがちになるのです。

できれば妊娠の前に虫歯や歯周病などの治療をすませておくといいです。怖いことに歯周病の妊婦は通常の約5倍も早産しやすくなり、歯周病がひどいと低体重児出産の危険性が約7倍増すという研究データもあるそうです。

日頃から半年くらいおきに歯科医院に行き、歯石を取ってもらい、デンタルチェックをしておくといいでしょう。マタニティーデンタルチェックでは、唾液を検査して虫歯や歯周病のなりやすさを教えてくれます。

ちなみに妊娠中に虫歯になってしまったら、妊娠初期と妊娠後期はなるべく治療を避け、安定期に治療するようにします。虫歯の程度にもよりますが、出産後は薬を使うと母乳をあげられなるため、場合によっては治療をすませてしまうこともあるそうです。

妊娠した際は歯科医に妊娠を告げるのはもちろん、かかりつけの産婦人科医にも相談してくださいね。


スポンサーリンク