子どもを虫歯にしないためには

子供の虫歯は痛みが出ないまま進行してしまうので、自覚できないままどんどん酷くなるようです。

ですので親がつねに子供の歯をチェックして、虫歯になってしまったら早いうちに手を打ってあげてください。

歯の表面がザラザラしている、黒っぽい箇所がある、黄色く変色しているなどが虫歯のサインです。

虫歯のサインをみつけたら子供を小児歯科に連れて行きますが、間違っても大人と同じ歯医者さんに連れて行かないでくださいね。

子供が大泣きしても良い対応をしてくれるか微妙ですし、まわりの患者さんに迷惑をかけるかもしれませんので。

小児歯科は子供が対象ですから歯科医も小さな子供の治療に慣れていますし、歯の治療を怖がらないように色々な工夫をしています。

気を付けたいのは強引に治療を受けさせたり、叱ったりすると、歯科に行くことが怖くなり、歯に痛みを感じても隠すようになります。キャラクターの啓発ものの絵本などを使って虫歯の怖さを教えたりするといいでしょう。

そして子供が一人でうがいができるようになったら、フッ素入りの歯磨き粉を使うようにしてあげましょう。


スポンサーリンク