白内障について誤った考えを持たれた方がいらっしゃったので書きますが、白く濁った目の水晶体が自然に、透明に戻ることは絶対にありません。

点眼薬で進行を遅らせることは出来ますが、完全に治すにはいまのところ手術しか方法がないのです。

早期発見が大事で、水晶体が白く濁りはじめ視力の低下が認められた時点で治療を開始すれば、悪化することはありません。

しかし、自然治癒するものと放置してしまったらどうなってしまうのでしょう?

水晶体全体が白濁してしまうと、視界全体が白くなり、通常の生活は困難になります。その時点で病院に駆け込むと思うのですが、それでも放置していると、水晶体が大きくなってきて眼球を圧迫します。

この状態になると「緑内障」になってしまいます。

水晶体の白い濁りが進行し続けると、組織が柔らかくなっていき、最終的には融解してしまうのです。

水晶体を融解したままにしていると「ぶどう膜炎」と言う病気になってしまう可能性が高く、さらに、この状態は失明の危険性も高いですし、なんと手術も不可能になってきます。

最悪の場合には、「網膜剥離」にまで発展してしまうおそれもあるので、視力の低下などが気になったなら、すぐに眼科を受診した方が良いです。


スポンサーリンク