目の水晶体が白く濁ってしまったら元の透明な水晶体に自然に戻すことは出来ません。

白濁した水晶体は手術により取り除き、代わりに人工のレンズを入れるのです。

この手術によって視力が回復してきます。

人工のレンズ、というと抵抗はあるかもしれませんが、この人工のレンズを入れなければ、手術が終了したことにならないと言っても過言ではないくらい視界がぼやけてしまうのです。

もしかするとコンタクトレンズを装着したり、度の強いメガネをかければ良いかもしれませんが、そんな面倒でお金がかかることをするなら、人工のレンズを入れる方がずっと簡単ですし、快適に過ごせるはずです。

さて、初期の白内障で日常生活に支障のない状態であれば、手術ではなく点眼薬や内服薬で白内障の進行を遅らせることも出来ます。

しかし、あくまでも進行を遅らせるものであり、白内障の進行を止めるものではないことを心に留めてください。

自己診断は大怪我のもとですので、白内障の疑いがあれば定期的に通院し、医師の指示に従いましょう。


スポンサーリンク