目のレンズの役目をする水晶体が白く濁って、視力低下などを引き起こしてしまう病気――それが「白内障」です。

白内障症状の説明の前にまずは水晶体の機能を説明します。

目の「水晶体」は、カメラのレンズのように自動的に焦点を合わせて、網膜に映像を送っています。遠くの物を見る時には水晶体は薄くなり、近くの物を見る時には厚くなるのです。

白内障になり透明の水晶体が白く濁ってしまうと、光が乱反射してしまい、網膜に正確な映像を送ることが出来なくなってしまいます。

すると、物を見ると二重三重に見えたり、明るいところが眩しく感じられたり、薄暗くなると物が見えにくくなったり、といった症状があらわれます。

物が見えにくくなるので視力の低下、眼鏡をかけている方の中には眼鏡の度が合わなくなったのかと感じる方もいるでしょう。もし眼鏡の度を変えても物が見えにくい場合は、白内障の可能性があります。

白内障の症状は、痛みや痒みなどはみられないので自分が白内障だと気付かないケースが多いようです。

一般的には年齢との関連性が強く、早ければ40歳代から、そして80歳代にもなるとほとんどの方に症状があらわれます。

では白内障は不治の病か? といえばもちろんそんなことはなく、早めに治療すればすぐに治る病気です。

しかし症状が進行すると緑内障やブドウ膜炎など他の病気も併発し、最悪の場合には失明してしまうこともありますので気を付けてください。


スポンサーリンク