どんな運動が糖尿病予防に効果が高いのか?

糖尿病とは血液の中の血糖値が高い状態が続いてしまう病気です。
その原因は、血液中の糖分を分解するインスリンの働きが弱まったりして、糖分を分解しきれないことにあります。

インスリンの働きが弱まる原因とされているのが、悪い生活習慣だと言われています。
主に食事生活が原因のケースが多いのですが、糖尿病になる人の多くは、必要以上のカロリーを摂取してしまう傾向にあり、また摂取したカロリーを完全に消費しない傾向にあります。

このためインスリンを分泌する膵臓の働きが低下して、インスリンの分泌量が減ったり、インスリンの機能が低下してしまったりするのです。

これに対して運動で筋肉を動かすと筋力が次第につき、基礎代謝が高まります。
基礎代謝が高まるとカロリー消費量が多くなりますから脂肪燃焼効果も高まります。
つまりダイエット効果があるということですね。

体重が減るとインスリンの機能が向上することが知られています。運動自体がインスリンの機能を高めるともいわれているのです。
なので糖尿病の改善には、食事療法と共に運動療法が大変重要視されており、運動療法が勧められているのです。

では、どんな運動をすればよいのでしょう?

それは『有酸素運動』です。
具体的には、ウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミングなどで、一回に20分以上続けることで効果が得られます。

 


スポンサーリンク