規則正しい食事が糖尿病を予防

糖尿病は糖尿病患者の多くの人が、生活習慣が原因と言われています。
原因となった生活習慣には、食生活が大きく関わっているケースがほとんどです。
ストレスや不規則な生活、運動不足なども関係しているでしょうが、一番最初に見直さなければならないのは普段の食事です。

糖尿病になる人の多くは外食などカロリーや塩分が高く、野菜の少ない食事内容であることが多く見受けられます。
また、スイーツやスナック菓子などの糖分と脂肪分、カロリーの高いおやつを頻繁に食べている傾向も高いです。
男性では暴飲暴食の傾向があり一回の飲酒量が多い、または一週間に飲酒する日数が多い傾向もあるといわれています。

糖尿病の予防は、栄養バランスの整った食事内容で一日三食を規則正しく摂取し、必要なカロリーをオーバーしないように注意するだけです。
しかし現代人は誘惑が多く、なかなか実行できずに生活習慣が乱れ、糖尿病のような生活習慣病を発症してしまうのです。

外食がどうしても多くなる現代人には難しい面もありますが、食べ過ぎない、栄養バランスのよい食事を摂る、野菜(特に緑黄色野菜)をできるだけ多く摂取する、甘いものや脂肪分の多い食事は控える、塩分控えめの食事を心がけるようにしましょう。

 


スポンサーリンク