赤ちゃんが虫歯になる原因の一つはパパやママ、おじいさんやおばあさん、親戚などの大人が赤ちゃんに虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)を感染させることにあります。

予防としては、まず、かわいいからといってノリで赤ちゃんの唇に唾液をつけるキス。厳禁です。

大人の口で咀嚼した食べ物を赤ちゃんの口に入れるのも厳禁。箸やスプーン、コップなどの共有ですらダメ。

また、虫歯菌を保菌する人が話していて、赤ちゃんの唇や口の中に唾液が飛んでしまっても駄目。

……以上の事から、赤ちゃんに虫歯菌を感染させないことがどれだけ困難かおわかりいただけたでしょうか。

さて大人の唾液が赤ちゃんの虫歯の感染源ということを知らない人は多いです。
特におじいさんやおばあさんなどは知っていてもベタベタしてきますので危険です。

とはいえ規制するなんてできませんから、なるべく虫歯菌に感染させないように心がける程度にして、歯が生えてきたら虫歯にならないように気をつけてあげると良いでしょう。

ところで、一説に二歳から三歳までの間に、虫歯菌に感染しなければ、一生虫歯にならないで済むらしいです。

本当かどうかは分かりませんが、確かに虫歯のできやすい人と出来ない人はいますので気を付けてあげるといいでしょう。

 


スポンサーリンク