赤ちゃんが虫歯になっても、治療は必要ない?

赤ちゃんの歯は乳歯なので永久歯が生えてきたら気をつければいいやなんて楽観的に捉えてはいけません。

上にある乳歯が虫歯だと永久歯が生える前から虫歯に感染して、歯自体が弱い上に変色して生えてくる危険性があるのです。

また、虫歯だとかばい癖がつき、変な噛みぐせがついてしまうこともあります。片側だけで噛む習慣ができてしまうと、顎の歪みから全身に不調が起こってしまうのです。

虫歯がひどすぎる場合、顎の骨にまで炎症を起こすこともあるそうですし、歯並びが悪くなる可能性もあります。

健康な歯は一生の財産ですから、できるだけ虫歯にならない生活習慣を身につけさせてあげたいですね。

もし赤ちゃんが虫歯になってしまった時には、虫歯の進行を止める薬サホライドを塗るという方法があります。ただし虫歯周りが黒くなってしまいますのでカッコ悪いかも。

手間はかかりますが、歯磨き後、ジェルコートFなどのフッ化ナトリウム製剤を塗ると虫歯になりにくくなります。


スポンサーリンク